入れ歯で食べることに抵抗がある

入れ歯で食べることに抵抗がある、または単純に入れ歯は嫌という方には選択肢としてインプラント治療があります。
あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、セラミックなどでできた人工歯をかぶせます。費用がかかることは確かですが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。何よりも見た目の自然さや快適な使用感を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。
インプラントは人工歯なので虫歯になる可能性はゼロですが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスは手を抜くことができません。
けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。
自然に治ることはありませんので、至急歯科医にかからなければなりません。どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのは自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。
特殊な外科的治療についても技術を要求されるのでたくさんの症例を治療してきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。
それはもちろんのこと、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、院内感染防止に努めている、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。
インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、極力安静を保って生活するよう気をつけてください。日常生活では力をかけないように努め、日常生活以上の負荷がかかる運動は避けた方が良いです。
血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。
日頃から運動をしている方は、運動をいつ再開すべきか、歯科医と確認しておけばベターです。手術して人工歯根を埋め込んだ後、自分の歯がうずく反応もよくあります。
麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが自然な流れです。
しかし、原因が他にあることも考えられるので、異変を感じた場合は間を置かず歯科医の診療を受けることで早めの対応をしていきましょう。
http://xn--eckvdxb1d3bc7575epcdeperqk51si67b.xyz/

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ

一眼レフカメラ