インプラント治療を希望する代表例として

インプラント治療を希望する代表例として、周辺の歯に関係なく治療したいと、患者が考えている場合です。ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯のみに働きかける治療と言えます。両隣の歯は健常なので、削りたくないと要望があるケースではインプラント治療を考えた方が良いですね。
どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なりあごの骨にインプラントを定着させるので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなく骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、普通は再手術しか手段はなく、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。
そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。
ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けての特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても当然、院内感染のリスクはゼロではありません。治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが大事だと心得てください。
感染症対策について、具体的な取り組みをウェブサイトの中で説明している歯科医院もごく普通になっているので、まずはそこを見てください。忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯を入れてから、義歯だといわれることは本当に少ないという点です。
根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じようにとってつけた感じにならず、他の人に自分から言う必要もないので義歯を入れたと気づかれることは気にする必要はありません。
費用や期間より、見た目重視の方にとって優先したい治療方法ですね。高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自分の歯と同じくらい保つというケースが増えています。
すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期にわたって維持できますが、日頃のケアが行き届かないと歯周病など、異常が起こることがあると思ってください。歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。骨になじんで比較的安定しやすいため、身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。
インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて治療に取りかかるため安全性を確認しながら治療を受けられます。
治療が終わったところで、重要なメンテナンスを定期的に行っていくことで、より快適に、長期間使えるようになるのです。
一般的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。
まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。というのが大まかなプロセスです。どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでであごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。
他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。
治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医がどのような技量を持っているかで差は大きいと断言できます。
インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法だと考えて欲しいのです。できる限りよく調べて、歯科医を決めることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。
全てのインプラント患者にとって、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。
実は、かかる費用は地域や、歯科医によって相当な開きがあります。
この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用を自由に決められるのが建前です。
それでも、相場はあると言えます。
欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度がおおよその相場と考えてください。インプラントは決して虫歯になりませんが、メンテナンスをしなくて良いと考えてはいけません。
特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。
食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。インプラント以外の自分の歯と同じように必要なお手入れをきちんと指導してもらい、セルフケアは欠かさないようにしましょう。
そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ

一眼レフカメラ