歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治

歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、デンタルケアを欠かさないことが重要です。毎日丁寧にブラッシングすることによる完璧なプラークコントロールが必要で、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらう必要はずっと続きます。
インプラント自体は人工歯ですが、ひとたびケアの手を抜けば歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので埋入手術後はどの患者さんも違和感を感じるのが普通です。
腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにひたすら辛抱が大事です。
十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。
人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を使って作られているためです。
インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費を覚悟しましょう。
余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくとベストだと思います。ご存じの通り、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。全額自己負担が普通ですが、医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。
手間はかかりますが、年一回の確定申告によって医療費を収入から引くサービスを受けられます。
確定申告で忘れてはならないのは医療機関で必ず発行している領収書が必ず要求されるのでなくしたらおしまいのものとして暦年で申告することになるので、保管しておいてください。インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。麻酔のために入院することはまずありません。
麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは安全を期すため、入院を求められることもあります。また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。
腸骨など自家骨の移植手術であれば手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。
これらのケース、その他の困難なケースであれば治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。
インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。
既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させるのは必須です。
美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も治療にかなりの危険が伴います。
今は、このような病歴があるからといってインプラント治療ができないわけではないため歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。
ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。審美性を考えた場合、多くのケースではインプラントが高い評価を得るでしょう。
さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという辛い面があります。
手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんからその都度、費用がかかります。
標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。
メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険適用の治療が基本となり三千円程度かかることが多いです。従って、年間1、2万円くらいのお金がかかると見積もっておきましょう。
希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。
ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら治療を断念するのは早すぎるかもしれません。
最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも相当数が治療できるようになってきました。あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして調べ、 相談してください。歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。
麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で大して痛くないのが普通です。
手術部位には麻酔をしっかり効かせて埋入手術を始めるためです。手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛くなってくることもあります。化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ

一眼レフカメラ