どんな治療法にもリスクや問題はありますが

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗してもやり直しできないことが多い点です。義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、インプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントが定着しなければ普通は再手術しか手段はなく、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。
それに、埋入手術の際には埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。代表的なインプラント適用のケースは、失った歯だけの治療で済ませたいという場合があります。
ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。
他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があると考えている患者さんには、インプラント治療を考えた方が良いですね。
様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医の腕次第でかなり治療実績には差があると考えられます。
インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法だと言えます。歯科医選びに全力を尽くすことがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。
インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、3ステップあると考えてください。
まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。
あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成という段階を踏みます。人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。ですから、インプラント治療全体では短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。
言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、お手入れなしで長持ちすると思ったら大間違いです。
傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。
残っている自分の歯と同じく、歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、完璧なセルフケアを目指してください。異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。インプラントはどのくらい保つのか、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというケースが増えています。
ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期にわたって維持できますが、ケアが十分でなければインプラントの維持が難しくなってしまうと思ってください。全てのインプラント患者にとって、治療費の高さは重要な問題ですね。実は、かかる費用は歯科医院や歯科医によって差があると考えるべきです。
保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。
欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度がおおよその相場と考えてください。
今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。
特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、アレルギーの発症例も少なくなっています。インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的に治療をすすめていくので安全性を確認しながら治療を受けられます。
それから、治療後には、メンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。
よくいわれるインプラントのメリットですが、治療終了後、義歯だと気づく人はまずないと考えてください。歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近くとってつけた感じにならず、インプラントだとカミングアウトしなければ義歯だと気づかれることもまずないと思って良いでしょう。
自然な見た目を重視している場合、この治療が一番ふさわしいでしょう。一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたありふれたケースのインプラント治療も院内感染が起きないと言えません。このため、歯科医院を探すときに感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが大事だと心得てください。感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてウェブサイトの中で説明している歯科医院も確実に増加していますので、真っ先に見ておきたいところです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ

一眼レフカメラ