インプラント リスク治療も万能ではなく、基本

インプラント リスク治療も万能ではなく、基本的には他の治療が難しい患者さんにお薦めします。
クラウンやブリッジの支えになる歯がない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を選択するというのが、多くの患者さんの実態です。
インプラント リスクは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。
どうにもならない虫歯で、ついに歯を抜かなければならなくなりました。
両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されてインプラント リスクの方が良いと考えました。保険がきかないため、高額になりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。
手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく違和感なく噛むことができるようになりインプラントが正解だったと思います。一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。相場は地域によって異なります。
歯科医院の規模や、歯科医の評判も治療費には大きな開きがあります。治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。チェック事項はいくつもありますが、まず実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。ブリッジや入れ歯に比べ、インプラント リスクでは自分の歯に近い感じで噛めるので、どんなガムでも安定した噛み心地なのはありがたみを実感する点です。ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくインプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。
ガムを噛んだ程度では、インプラント リスク全体は全く影響を受けないほどに強度を備えています。
もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。
大きな効果を得られるインプラント リスク治療ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。
ケースによっては数十万円の負担になることもあり得ます。
加えて、治療が失敗して取り返しがつかない健康被害が起きるという重大な問題もあります。
障害を負うにとどまらず、手術後の死亡例もあります。
歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。
歯がまるごと抜けてしまった後で、歯根部からほぼ元通りになる人工歯づくりを指します。
インプラント リスクはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。
インプラントだと歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため自分の歯と同じような強度があり、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。
ただし、インプラント リスク治療は完全に保険適用外なのでその治療にはどうしてもお金がかかります。
高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント リスク治療はほとんど全部が自費です。
今後もおそらく保険はきかないでしょう。
なぜならインプラント リスクを作り、あごの骨に埋め込もうとすると保険適用が可能な他の治療方法よりもコストがかかり、設備や技術も要するからです。土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、インプラント リスクが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。
これを保険適用にしてしまうと、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。
歯科治療の一環として、インプラント治療も様々な点で、失敗が起きる可能性があります。
治療が失敗すると、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといった人工歯そのものの問題、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという外見が損なわれる可能性もあります。
このような危険をできるだけ避けるために、歯科医はともかく慎重に決めてください。
インプラント治療による危険性を皆さん、入念に調べたと思います。
その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという説があったのではないでしょうか。
それは本当のことではありません。MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。インプラント リスクには主にチタンが使われており、金属ですが、磁気には反応しません。検査で問題になることはまずありません。
治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。場合によっては、保険診療にもできるようですが、普通のケースではまず適用されずほとんど全て自費診療だというのが負担が大きくなる原因です。
現状では最低線が十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとするとその数倍の出費もあることをくれぐれも忘れないでください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ

一眼レフカメラ