重要な確認事項として、インプラ

重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前に既往症を完全に治しておくのは必須です。
さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも治療が事故につながる可能性があります。
ただし、これらの既往症があってもインプラント治療ができないわけではないため歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。
この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院する必要はまずありません。
血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。
また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院して手術するケースも実際にあります。これらのケース、その他の困難なケースであれば信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。インプラント埋入手術では、術中、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。
麻酔が効いたことを確認した上で埋入手術を始めるためです。
麻酔が切れた後で、腫れてきたり多少の痛みはあるかもしれませんが痛みに備えて、頓服薬を処方されるので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。
例外はありますが、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。ただし、問題なく医療費控除を受けられます。
確定申告の一項目として、医療費控除は税金の還付を申告します。
医療費控除を受けようとすれば歯科医で発行した領収書は支払いの証拠となるためなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。
インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので埋入手術後はどの患者さんも違和感を感じるのが普通です。
数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにひたすら辛抱が大事です。もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。
我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一周削って、上にブリッジをかぶせます。
治療後、一見した感じでは、ほとんどの場合、インプラントが良いと言えます。
また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという辛さもあるのです。
人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントはそれによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。
外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材から作られています。インプラント治療は基本的に保険外治療でその全額が自費になるのが普通です。
ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと一番良いでしょう。
現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなく検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。
歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療できるところが増えてきました。
あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして探すことが必要です。
長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、不断のケアが求められます。毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールを継続した上で自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることが必須条件です。
どんな堅牢なインプラントでも、日頃のケア次第でいずれ歯周炎などを引き起こすことになります。義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、定期的なメンテナンスを受けなければなりませんのでその都度、費用がかかります。
普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診に通うのが一般的です。
定期検診にかかるお金は保険適用の治療が基本となり三千円くらいかかります。
従って、年間1、2万円くらいの出費は必要です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ

一眼レフカメラ