歯科治療の中で、インプラントとクラウンの

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。
虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が残せれば冠状の義歯としてクラウンをかぶせる治療ができます。抜歯した場合の選択は、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他にあごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むというインプラント治療が候補となります。インプラント治療の大きな問題は、費用がかさむことに尽きます。
保険適用のケースはほとんどなく、全面的に自由診療になることが普通であるためインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用の差はかなりありますし、自由診療のため、歯科医院によっても相当差が開きます。
治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならない点も知っておく必要があります。インプラント埋入手術の直後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。
麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどです。実は他の問題が隠れていたということもありますから、インプラントがなじむまでの間は特に、間を置かず歯科医の診療を受けることに努めましょう。どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのはどこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。
かなり専門性の高い外科的治療を要するので、様々な症例を診てきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。また、それに加えて、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、感染症予防策をはっきり示している、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。
インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性はかなり大きいというべきでしょう。インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が次のステップに進むための条件です。そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は確実にマイナスの作用があります。この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、少なく見積もっても、手術から治療完了までは禁煙を決意してください。普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、高額の負担が重くのしかかる方もかなりいるようです。しかし、クレジットカードの分割払いや、デンタルローンなどの名前をつけて分割払いに申し込める歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。現金で費用を一括払いする必要なく、受けたい治療を受けることがあきらめなくて良くなりました。どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医でないとできないなら、海外で治療を受けるというのもありえます。
北欧諸国はインプラント先進国といわれ、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。一生使える第二の歯を求めて、決してあきらめてはいけません。
全力で、あらゆる方面から情報を集めてみるのが成就への第一歩です。
入れ歯で食べることに抵抗がある、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にインプラント治療がすすめられるでしょう。
あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、人工歯をつける治療で、ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、入れ歯よりも見た目の自然さに優り、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。
あくまでも見た目、もしくは使った感じを求められるなら、何といってもインプラントです。インプラント埋入は外科手術なので、術後はしばらくの間、極力安静に生活を送ってください。
日常生活でも歯に負担がかからないようにして、負荷がかかる身体運動は避けた方が良いです。
傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。
運動を毎日のように行っている方は、運動をいつ再開すべきか、歯科医と確認しておきましょう。
人工歯としてのインプラントは虫歯を気にしなくて良いのですが、歯周病には気をつけてください。
インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングはずっと続きます。
ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。
放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察してもらわなければなりません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ

一眼レフカメラ