インプラントはどのくらい保つのか、長く使

インプラントはどのくらい保つのか、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって本来の歯同様の耐久性を得られると考えていいようです。すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期間トラブルなく使うことも可能ですが、ひとたびケアを怠れば歯周病など、異常が起こることがあると考えなければなりません。
インプラント治療が適用されるケースとして、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという場合があります。
例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯のみに働きかける治療と言えます。
両隣の歯は健常なので、削りたくないと考えている患者さんには、インプラント治療を考えた方が良いですね。
インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、もしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。
他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨の中にインプラントが埋まらなければ再び手術を行って骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。
埋入するのもリスクがあって、周辺の神経を損傷する危険性もあります。
言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、お手入れなしで長持ちするとは言えません。小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。
残っている自分の歯と同じく、必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。
異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。インプラント治療はどのような流れかというと、段階が大きく3つに分かれます。
一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。
というのがだいたいの流れです。時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。
仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。
忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯を入れてから、義歯だといわれることはまずないと考えてください。一見したところ、自分の歯と同じくらいかなり自然にうつり、これは義歯だと自分から言わない限り、いかにも義歯だと思われることはまずないと思って良いでしょう。
前歯など、自然に見せたい歯の場合はこの治療方法を選ぶべきでしょう。
一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けた特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染の心配はあるものです。
その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが重要事項の一つになります。
感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ内で述べている歯科医院もごく普通になっているので、調べるときは参考になるでしょう。
インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。
この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで全て歯科医の腕に任されているのでかなり治療実績には差があると考えられます。インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法だと言えます。できる限りよく調べて、歯科医を決めることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。全てのインプラント患者にとって、治療費が気になるのは当然です。実際のところ、費用の総額は歯科医院や歯科医によって相当な開きがあります。
この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため金額は歯科医院次第です。
しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。
欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が相場だと押さえておきましょう。
チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは金属の中では、骨との親和性が高い方でアレルギーも起こりにくいとされています。インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的な治療がスタートするので患者も納得し、安心して治療を開始できます。
治療が終わったところで、重要なメンテナンスを欠かさず継続することでより快適に、長期間使えるようになるのです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ

一眼レフカメラ