欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントと

欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。インプラント治療は、あごの骨を掘って、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。
一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。
治療後、一見した感じでは、インプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が高い評価を得るでしょう。また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという辛い面があります。インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。
とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にそちらの病気を完全に治す問題が生じます。
美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も治療が事故につながる可能性があります。もちろん、こうした既往症があるだけで治療の可能性はゼロにはならないので不安がなくなるよう歯科医に相談してください。
治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、麻酔のために入院することはまずありません。
出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。
加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院して手術するケースも実際にあります。このような難しい治療を行う場合、治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってかなりの痛さを想像してしまうでしょう。
麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で痛さを心配する必要はありません。局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術に取りかかるためです。
術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛くなってくることもあります。
化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。
インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も定期的に歯科医に診てもらう必要があるため異常がなくても維持費は必要になります。
特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診を受けるように言われます。定期検診にかかるお金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず三千円くらいと考えてください。
標準的には、一年に1万円から2万円程度の費用を支払うことになります。
人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。
術後の患者さんは、ほとんどが人工物を入れられた違和感を感じています。腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れが気になっても、舌などで触るのは止めて我慢あるのみです。
もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。
インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。
人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。
チタンの他、セラミック、金といった金属アレルギーがほとんど起こらない素材でできているからです。
インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、その全額が自費になるのが普通です。ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと一番良いでしょう。
残念ながら、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。
全額自己負担が普通ですが、医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。
医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をしてすでに収めた税金を取り戻す申告をします。確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が必ず要求されるのでなくしたらおしまいのものとして暦年で申告することになるので、保管しておいてください。せっかく完了したインプラント治療も治療後も快適な状態を維持するためにセルフケアを怠ってはなりません。
日頃から丁寧に歯みがきを行い、いわゆるプラークコントロールを完璧に行い、定期的な検診を欠かさず継続する必要はずっと続きます。
インプラントは虫歯にならないとはいえ、ケアが十分でないと歯周病になることは珍しくありません。歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとしてレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。
しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするならまだあきらめなくて良いかもしれません。
歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば従来はできないといわれていた症例でも治療ができるようになっています。
現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探すことが必要です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ

一眼レフカメラ