インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、金属の中では、骨との親和性が高い方で身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、検査を一通り行い、治療方針を決めてから初めて治療開始となるので安心して治療を受けることができます。治療が終わったところで、重要なメンテナンスを欠かさず継続することで安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。
インプラント治療を希望する代表例として、周辺の歯に関係なく治療したいという患者の希望がある場合です。ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯を直接再生する治療と言えます。両隣の歯は健常なので、削りたくないと要望があるケースではインプラント治療を考えた方が良いですね。
ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うありふれたケースのインプラント治療も院内感染の心配はあるものです。
ですから、歯科医院を決めるときにその医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが大事だと心得てください。
院内感染防止の対策をホームページ上で具体的に示している歯科医院も当たり前のようになっていますから、調べるときは参考になるでしょう。
歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、もしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。
自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので万が一、人工歯根があごの骨に定着せず骨の中にインプラントが埋まらなければ普通は再手術しか手段はなく、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、周辺の神経を損傷する危険性もあります。インプラントは決して虫歯になりませんが、メンテナンスをしなくて良いと考えてはいけません。
特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。
食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。残っている自分の歯と同じく、歯科医や衛生士の指導に従って、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。
そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。
実際のところ現状では確実な説はありません。
定期的なメンテナンスが行われていれば本来の歯同様の耐久性を得られるとされています。
そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期間の使用も問題ありませんが、日頃のケアが行き届かないと維持できなくなる異常も起こりうるということを肝に銘じておくべきです。インプラント治療を始める前に治療費が気になるのは当然です。
この治療の費用は歯科医院ごとに差があると考えるべきです。
インプラント治療はほとんど自由診療のため、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。
それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。
歯一本分のインプラントで、40万円前後が一般的な相場とみて良いでしょう。インプラント治療には隠れたメリットがあります。仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはまずありません。あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目もかなり自然にうつり、自分から、義歯だと他の人に明かさないでいれば義歯を入れたと気づかれることは考えなくて良いのです。
義歯だと思われたくない方には最適な治療と言えます。どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医の技量は厳しく問われるので大きく違ってくると言うべきです。インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法なのは明らかで、良く検討した上で、歯科医を選ぶことがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。
一般的なインプラント治療は、3ステップあると考えてください。
第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成という段階を踏みます。
長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始からおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ

一眼レフカメラ